• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

先生の豆知識コーナー

それは『知覚過敏』です
 

歯を磨いたり冷たいものを口に入れた途端、むし歯でもないのになんとも言えない嫌な感じに
歯がしみることがあります。これが「知覚過敏」です。
知覚過敏は、なぜおきるのでしょう?

●刺激を「痛み」と伝える歯の神経
表面の硬いエナメル質の層の下にある象牙質の中には、放射状に「象牙細管」という細い管が
歯の神経(歯髄)に向かって通っています。外からの刺激はこの管を通じて神経に伝わり、
神経はそれらの刺激を「痛み」として脳に伝えます。
むし歯でなくとも象牙質が直接刺激にさらされる状態になれば、歯はしみて痛みを感じます。

●象牙質が直接刺激にさらされたとき
(くさび状欠損の場合)

象牙質は、強い力で横磨きしたり、咬み合わせが悪くて歯によけいな力がかかったりした部分では、
エナメル質が削れて露出してしまいます。
直接刺激にさらされて、歯はしみて感じます。

知覚過敏
●セメント質が露出したとき
また、歯周病が進行すると、歯ぐきが下がって
歯の根の部分が見えてくるようになります。
歯根部分の象牙質はエナメル質よりやわらかな
セメント質で覆われているだけです。
何かの拍子にセメント質が欠けて象牙質が露出すると、やはり歯がしみて感じられます。

治療は、象牙質の削れた部分に詰め物をして象牙質を保護します。
顔を出した部分に薬を塗布する、歯の根にコーティングを施して刺激を遮断する
などの方法もあります。その方の状態によって治療法を選びます。