• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

先生の豆知識コーナー


デンタルフロスで
歯と歯の間もピッカピカ

 
虫歯は、お口の中に棲んでいる細菌(プラークという形の表面に付着しています)が原因でおきる感染症です。 虫歯予防のために、細菌をお口からできるだけ除去しましょう。歯と歯肉の境目や歯間部は、歯ブラシの毛先が届きにくく、 特に磨き残しができやすい要注意箇所です。
歯間部も磨き残しなし
そこで活躍するのがデンタルフロス。フロスは歯間部を清掃するために専門用具で、 ふつうは30センチくらいの長さに切って両手の中指か人差し指に巻きつけて使います。 フロスを歯間部に滑らせるようにいれ、両側の歯の側面に沿わせて動かしプラークを除去します。
フロス活用のコツ
フロスを歯間部に無理に入れたり、力を入れてフロスを動かし過ぎると、歯肉を傷つけてしまうこともあるので注意しましょう。また、フロスは 小さいお子さんが一人で使うのは難しく、小さい方にはお母さんが仕上げ磨きに使うと効果的です。歯間部に入れやすいようワックスが付いたものや 、ホルダー付きの持ちやすいものもあります。フロスを上手に活用して、お口の中を隅々まできれいにしましょう。
●デンタルフロスの使い方
デンタルフロスの使い方イメージ デンタルフロスの使い方イメージ デンタルフロスの使い方イメージ
デンタルフロスの使い方イメージ デンタルフロスの使い方イメージ デンタルフロスの使い方イメージ
デンタルフロスの使い方イメージ デンタルフロスの使い方イメージ
歯間部を通過したら上下と前後方向に動かして清掃します。奥歯に押し付けるように磨くと良いでしょう。1ヶ所の歯間部でプラークの付着する面は2つあるので両面とも清掃します。