• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

先生の豆知識コーナー

義歯による治療のご紹介

 
 
 失われている歯が多いとき、歯が全部ないとき、そんなときはプラスチックや金属の床に人工歯を並べた義歯を装着します。義歯は、健康保険が適用され、しかもいろいろなお口の状態に適応できる治療法として定評があります。
歯は1本でも失われると、支えをなくした歯が動き始め、かみ合わせのバランスが崩れて不都合がおきてきます。特に沢山の歯が失われている場合は、お口と体の健康を守るためにも、早く義歯を入れて失われた機能を補うことが必要です。
総義歯とは 歯が数本連なって失われているようなときに使う義歯で、支えにする歯にバネや特殊な方法で固定します。
総義歯1
総義歯2
部分床義歯とは 上または下の歯が全部ないケースに使われます。。義歯は歯ぐきにのせて支えます。 義歯を安定させるために他の装着方法を併用することもあります。
部分床義歯1
部分床義歯2
義歯のメリット
・いろいろな欠損の状態に対応できる。
・取り外し式なのでケアがしやすい
・残った歯を削らない
・歯がない部分にかかる負担は小さい
義歯のデメリット
・噛みにくい、しゃべりにくい
・口の中の違和感が強い
・バネやバーが目立つ
・長い間に歯ぐきが衰える
・たびたび作り直しが必要
・バネをかける支えの歯が痛みやすい