• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

先生の豆知識コーナー

歯を失ったとき選択できる
治療法は?

 
ブリッジによる治療のご紹介

歯が1本なくなったぐらい平気だ、と軽く考えていませんか?
それはとても危険です。私たちの歯は、上下あわせて28本が互いに支えあってかみ合わせのバランスが保たれています。歯がなくなると、残った歯は動き始めは並びやかみ合わせも変わってきます。
それによってお口の中のバランスは崩れ、むし歯や歯周病が悪化して残った他の歯を失ったり、あごの関節がおかしくなったりします。
ブリッジによる治療のご紹介
たとえ1本でも歯を失ったらできるだけ早く受診しましょう。
失った歯の本数や部位によってブリッジか義歯を入れ、残った歯とお口の働きを守ることが大切です。
保険診療によるブリッジ
(保険診療によるブリッジ)
ブリッジとは
  ブリッジのメリット     ブリッジのデメリット
違和感がない   健康な歯が削られる
固定式で安定している   両隣の歯に負担がかかり、その歯がだめになりやすい
よく噛める   ブリッジ部分の歯や歯肉がむし歯や歯周病になりやすい。
しゃべりやすい   失った歯の本数が多いと、ブリッジにできないことがある
取り外すめんどうがない