• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

先生の豆知識コーナー

アンチエイジング

 

 誰もが、長い人生の最後まで、健康で元気に楽しく過ごしたいと願っています。ある調査によれば、残っている歯の本数が多い人ほど元気で自立しています。自分の歯でしっかり噛んで食べることが、元気な体をつくっているとわかります。
ところでお口の健康を考えたとき、私たちはむし歯や歯周病の症状を気にします。しかし、原因である歯垢(プラーク:細菌のかたまり)1mgの中に含まれている約1~2億個の細菌や膿を、毎日飲み込んでいることには無関心でいます。本当にこれで大丈夫なのでしょうか?
近年の研究は、お口の中の細菌が血液や歯周組織から体に入り込み、全身疾患の発症に関係していると警告しています。全身の健康維持に、プラークの除去は欠かせないことがわかってきているのです。
プロによるチェックとお手入れを定期的に受けて、お口の中の清潔を保ちましょう。お口のケアは、アンチエイジングの基本です。

 
●8020、どのくらい達成しているかな?
今回の調査で、80歳以上で自分の歯が20本以上の残っている人は、 29.4%でした。過去の調査結果と比較すると、平成5年度の約2倍、平 成11年度の約1.7倍です。80歳で自分の歯を9本残している「8009」に 到達しています。(図1)

●やっぱり増えている?歯周病
55歳以上では歯肉に炎症をもつ人の割合が増加しているという結果が でました。調査が厳格化したことと、残っている歯の本数が多くなっ たことで数値が増えたようです。若い人では、歯や歯肉への関心の高 まりを反映して、歯周疾患が減っています。(図2)

●歯磨き熱心派 増加中!!
一日に2回3回磨く人が多くなりました。正しく磨きましょう。