• 一般歯科
  • ごあいさつ
  • スタッフ紹介
  • クリニック紹介
  • 治療の流れ
  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 矯正歯科
  • 無痛治療
  • 噛み合わせ治療
  • レーザー治療
  • 入れ歯について
  • 歯磨きの仕方
  • サイトマップ

アンダーアーマー・パフォーマンス・マウスウェア

先生の豆知識コーナー

なんでもQ&Aコーナー

医療費控除

デントキュア

  • 杉沢歯科医院モバイルサイト
  • QRコード
  • バーコード対応の携帯電話で上のQRコードを読み取ってモバイルサイトにアクセス!

先生の豆知識コーナー

歯周病と全身との関わり
~歯周病改善が、全身の健康改善につながります~

 

重度の歯周病の患者に糖尿病患者が多いこと、また糖尿患者が歯周病を合併しやすいことも知られています。これまでのいろいろな調査から、歯周病があると糖尿病になるリスク(危険性)は、歯周病にかかってない人の2倍以上とされています。
最近の研究では、歯周病菌の毒素やつくりだされた炎症性物質が、血糖値をコントロールするインスリンの働きを妨げ糖尿病を悪化させると説明されています。歯周病を予防し症状を改善させることは、糖尿病の発症を防ぎ状態を安定化させます。
 

アメリカでの調査結果によると、歯周病の人の未熟児出産や早産の確率は、健常な人の約7倍と報告されています。これは体に侵入した歯周病菌が羊水に入って胎児の成長を妨げること、また子宮収縮に関係した物質の濃度があがって陣痛が誘発されることによると、説明されています。ここでも歯周病が妊婦さんの体全体に影響を与えることがわかります。
 

過重な精神的肉体的ストレスや不規則な食生活や喫煙などは、体の免疫力を低下させ歯周病を悪化させます。しかし免疫反応は遺伝に関係しており、同じような条件下であっても歯周病の発症には個人差があります。
歯周病で悩んでいる家族がいる方は、体質や環境、生活習慣なども似ていることを自覚し、積極的に歯科医院でのチェックを受けるようにしましょう。