親知らず こんな時はやむを得ず 抜歯します

●ひどい虫歯になっているとき

 

●歯周病になっているとき

 

●きちんと生えきらずに半分歯茎に埋まっている

 

●まっすぐ生えてこないで、隣の歯を圧迫している

 

以上のような問題がなく、親知らずを抜かなくても良い場合もあります。そのような親知らずは大切にとっておいて、将来ブリッジや義歯の支えとして使ったり、他の奥歯を失ったときに、そこに親知らずを移動して使ったりできます。

 

抜歯後の注意

・止血用ガーゼは、しっかり噛んでください。
・当日は、入浴や激しい運動は避けてください。
・麻酔が覚めるまでは飲食はしないでください。
・当日は飲酒は避けてください。
・処方された薬は、指示通りに服用してください。
・異常があれば、遠慮なくご相談ください。