こどもの歯とお口の健康

乳歯の虫歯の特徴

乳歯は大人の歯に比べ小さく、エナメル質も薄く、虫歯になると広範囲に広がり、しかも短期間で神経近くまで進行します。

虫歯の痛みを訴えないお子さんも多く、気づくのが遅れることがあります。外から見えなくても安心せず、定期健診でチェック!

 

乳歯が虫歯になると、こんな困ったことに

汚い歯は、子どもの自尊心を傷つけることにも:前歯が虫歯になると「味噌っ歯」になり、見た目がよくありません。お友達に笑われて傷つくこともあります。

食習慣への悪影響:奥歯の虫歯がしみるために偏食を起こすことがあります。よい食習慣を身につけさせるためにも虫歯にしないことが大切です。

歯列不正の原因:虫歯のせいで乳歯を抜歯すると、隣の歯の位置がずれてきて永久歯が生える隙間がなくなり、正しい位置に生えることができなくなります

 

大切な第一大臼歯

下顎の第一大臼歯は、小学校入学前後に生えてくる永久歯で、別名「6歳臼歯」と呼ばれています。この歯が正しい位置に生えてくることによって、そのあとの歯が生えるべきところに生えてきます。きれいな永久歯列に育てるために、この歯を虫歯にしないように気をつけましょう。

生えたての永久歯は軟らかく、象牙質が薄く、しかもエナメル質が酸に弱く、虫歯にかかりやすい状態にあります。

大臼歯は溝が深いので、食べかすがたまりやすく、虫歯になることが多い歯です。

生えてくる途中は、歯肉をかぶっていて磨きにくく、これも虫歯になりやすい条件です。

 

正しいブラッシングとプロの手による管理とケアで、
この歯を虫歯から守りよりよい歯並びを育てましょう。