キシリトールがむし歯予防を 強力にサポートします!

キシリトールのむし歯予防効果は、1970年代フィンランドで研究され確かめられています。 今では欧米諸国など世界各国でむし歯予防に使われており、日本でも1997年4月厚生省(現在の厚生労働省)が食品への 利用を認可しています。

 

生体への安全性が高いキシリトール

  • 白樺や樫などの樹木から抽出された成分を原料とする天然甘味料です。
  • 砂糖に近い甘さで、カロリーは砂糖の3/4です。(3Kcal/g)です
  • 血糖値を上げないので、糖尿病の医療品として昔から使われています。
  • イチゴやほうれん草などの野菜や果物にも含まれ、私たちの肝臓でも毎日つくられています。
  • WHO(世界保健機構)が摂取量制限を指定していません。

 

むし歯予防を補助する効果

  • ミュータンス菌は、キシリトールを分解しても、むし歯の原因となる酸をつくりません。
  • ミュータンス菌は、キシリトールを分解する時、砂糖の時のようなネバネバした物質をつくりません。 そのため歯垢はさらさらしたものとなり、ブラッシングで簡単に落とすことができます。
  • ガムとして噛むことにより唾液の分泌が促され、唾液の清浄作用・緩衝能(お口の中の酸性度を中和する力)が高まります。
  • 唾液が多いほど唾液に含まれるリンやカルシウムも多くなり、それらが歯の表面に戻る「再石灰化」の働きも強まります。 その結果、歯が強くなります。

 

それでも注意!!

  • むし歯予防の効果を確実にするためには、キシリトールを50パーセント以上含む食品を選んでください。
  • 但し少しでも砂糖が入っているものは効果を無効にします。キシリトール入りの食品を選ぶときは、成分表をよく見ましょう。
  • 食べると少しお腹がゆるくなる方もいます。