どうしてむし歯になるの?

口の中にはむし歯菌が棲んでいます。むし歯菌は歯のすき間などに残った食べかすを食べ、糖分を 分解してネバネバした歯垢(プラーク)をつくり、その中で増えます。さらに、むし歯の原因となる酸を作り、歯を溶かします。 歯垢の付着はすばやく、食事のすぐ後からはじまります。
ただし、口の中にはいつも唾液が流れていて、歯に付いた汚れも洗い流しています。また歯はいったん溶け出しても、唾液の中からカルシウムや リンなどを取り込み、再石灰化して元に戻る力をもっています。でも、歯磨きをしないで古い歯垢をためていたり、甘いものをたくさんとる習慣があると、再石灰化が追いつかず、むし歯になってしまいます。

※お口の中は食事のたびに、脱灰(歯が溶ける)と再石灰化(唾液作用による再生)を繰り返します。

 

食事中は唾液がたくさん出るようによく噛んで食べ、
食べたらすぐ歯を磨きましょう。

 

むし歯菌はこういう所が大好き!

 

歯と歯の間

すき間は汚れが深く入り込み、むし歯菌にとっては最高の繁殖場所!むし歯菌は、汚れを養分にしてどんどん増えます!

 

歯と歯が噛み合う面の溝

奥歯は良く使う歯なので汚れやすく、特に噛み合う部分の溝は汚れがたまりがちで、むし歯のすみかに!

 

歯の生えぎわのくぼんだ部分

歯と歯ぐきの境目で、歯ブラシが当たりにくいところです。ここにむし歯菌が棲みついてしまいます!

定期的に歯科医院での診査を受けましょう