食事の後、お口の中は どうなってるの?

●酸性・中性・アルカリ性とpH(ペーハー)濃度

 

(図1 酸性とアルカリ性)

 

お口の中は、ふだんは中性(pH7ぐらい)に保たれていますが、食事をとると数分で酸性に傾き、pH5.7でこどもの歯が、5.5になると大人の歯も「脱灰」(だっかい=歯の表面のエナメル質が壊れ、溶けること)が始まります。しかし、唾液のパワーで30分もすると中性にもどり、「再石灰化」を促します。とはいえ、口の中に食べかすが残っていたり、いつまでも食べていたり、缶コーヒーやスポーツドリンクなど、砂糖の入った飲み物をしょっちゅう口にしたりすると、口の中の酸性度が高いままで、プラークの中にいるむし歯菌が酸を出して脱灰の時間が長くなり、むし歯の危険性が強まります。

 

●食事回数とだらだら食いに要注意

 

(図2 ステファンカーブ)

 

むし歯菌は食物のなかの砂糖からバイオフィルムをつくり、酸を出します。「おやつ」は生活の中に 潤いを与える「甘い」魅力ですが、同時にむし歯菌にとっても格好の活躍の条件になるのです。 大切なことは、「食事回数」と「だらだら食い」に注意するということ。また、同じ「甘み」でも、 キシリトールなど、酸もネバネバ物質もつくらない甘味料を使った食品を選ぶことも大切です。 そして唾液がいっぱい出るよう、良く噛んで食事をしましょう。