歯周病は定期管理で 再発防止!

ピンク色の引き締まった歯肉は、白い歯と同じように健康なお口のシンボル。
歯周病の原因であるプラークはバイオフィルムと呼ばれる特殊なもので、歯ブラシや専門の器具を使って取り除きます。元気な歯肉の持ち主は、専門家によるケアを欠かしません。

 

■本当に治ったの?
基本的な治療によって症状が安定すると、歯周病の治療は終わりとなります。
その後はホームケアを続けて様子を見ます。病気の原因である細菌は、一定期間(おおよそ12週間くらい)で元のような状態になると言われています。治療後も安定した状態が続けば本当の意味で「治った」ことになります。

 

■メンテナンスも治療の一部
歯周病の原因となる細菌のかたまり(プラーク)は、毎日少しずつ歯と歯肉の間に堆積します。悪い作用を起す前にこのプラークを取り除いて(メンテナンスケアを受けて)おけば、歯周病の再発を防止することができます。

 

■リコールを積極的に受けましょう!
現在多くの歯科医院では、リコール(患者さんへの受診のお知らせ)によるお口の健康管理を勧めています。病気は、早め早めに対応すれば、必要最低限の治療で済ますことができますし、再発や発症も未然に防ぐことができます。リコールがあったら必ず受診しましょう。リコールがない場合、半年に一度は自分からの受診を心がけましょう。お口の健康維持のポイントは、あなた自身の積極的な『なる前の受診』です。