よい結果はきちんとした 検査から始まります

歯周痛は知らないうちに進行する「沈黙の病」です。適切な治療のためには、来院したあなたの歯肉やあごの骨が、今どんな状態にあるかを見極めなければなりません。「歯周基本検査」「歯周精密検査」は、これからの治療方針を決める重要な検査です。

 

■まだ軽いあなたは「歯周基本検査」でOK
基本検査は
・歯周ポケットの深さを1箇所以上測ります
・歯が動いていないかを調べます(歯の動揺度)

■もう少し詳しく調べるときは「歯周精密検査」です
精密検査は 
・歯周ポケットの深さを4箇所以上測ります
・歯の動揺度を調べます
・プラークを染め出して付き具合を調べます

■さらに詳しく調べるときもあります
たとえば
・歯肉から出血していないか?(血が出るのはポケットの中に炎症があります)
・歯と歯の間の隙間が大きくないか?(食べ物が挟まりやすい)
・付着歯肉の幅
・歯槽骨がどの程度失われているか?
・口腔内写真 
・X線写真

 

歯周ポケットの測定検査
歯周病になると歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)が深くなり、その中に歯石が溜まります。

●歯周病の歯ぐき

 

●健康な歯ぐき

 

動揺度検査
ピンセットで歯を動かしてみて動揺度を調べます。

 

プラーク付着検査
歯と歯の間や歯と歯ぐきの境目等にプラークが付着しています。

 

お口の中の環境改善スケーリング&ルートプレーニング

歯周病の原因プラークは、細菌が自分で作り出した物質をテントのようにはって周りを囲み、その中で増殖しています。
こういう細菌の生活様式をバイオフィルムといいます。
バイオフイルムは、薬を使って治療しようとしてもこの膜状のものが壊れにくく、薬などを通さないため効果がありません。その上、膜の粘蕃力が強<、プラークの場合は歯面にしっかりくっついて取れに<いことも特徴です。つまりバイオフィルムは物理的な方法で「こそげ落とす」しか取り除<方法がありません。
そんな訳で、ブラークをコントロールしてお口の中の環境を整えるためには、ご家庭での正しいブラッシングとともに、
専門家による歯科医院(セルフケアとプロフェッショナルケア)での清掃がとても効果的です。

 

●スケーリング
専門家の手によるプラークコントロールの第1ステップは、スケーリングです。特殊な器具を使い、目に見える範囲のプラークや歯石(プラークが石灰化したもの)を除去します。術後しばらくは歯と歯の間に隙間ができたり、歯が長<なったように感じますが、これはいままでついていた歯石が取れたせいで、良くなった証です。

 

●ルートプレーニング
プラークや歯石は、歯肉に隠れた目に見えない部分にも溜まります。
歯根(ルート)面についたプラークや歯石、沈着物、死んでしまった組織などを特殊な器具で取り除いて表面をツルツルにし、再び汚れや細菌が付かないようにします。