歯周病は歯を失う原因の ナンバーワンです!

●歯周病の基礎知識

歯の表面には粘り気のある薄い膜が毎日作られていて、歯と歯肉の境目に溜まっていきます。これが歯垢で、歯垢が石灰化した歯石と共に歯周病の原因といわれています。
歯垢1mgには1億もの細菌が含まれ、歯肉に炎症をもたらします。さらに炎症が進むと歯を支えている歯槽骨も溶かし、歯がグラグラしてきます。
放置すると歯が抜け落ちてしまいます。歯を失う原因はむし歯より多いといわれています。

 

●歯周病の進行

初期
歯の根元に少し歯垢や歯石がついている。
あまり自覚症状はない。

 

歯肉炎
歯と歯の間の歯肉が赤く腫れる。
歯ブラシで出血する。
歯の動揺はない。

 

歯周病中等度
歯の周辺の歯肉も赤く腫れる。
出血・口臭・起床時の不快感がある。
歯の同様もある。

 

歯周病重度
歯ぐきが化膿し、腫れることもある。
歯の動揺が著しくなる。

 

歯周ポケットの測定

歯周病になると歯と歯肉の間の溝(歯周ポケット)が深くなり、その中に歯石が溜まります。

 

歯周病の歯ぐき

 

健康な歯ぐき

 

歯周病自己チェック

□歯肉が赤い、または赤黒い
□歯肉が腫れている
□歯肉がムズムズする
□歯を磨くと歯肉から出血する
□歯肉が後退している
□水やお湯がしみる
□膿が出る(口臭がする)
□歯がグラグラする
□歯軋り、イビキをかくと言われる

※心当たりがあったら早めに受診を!