歯髄と歯髄炎の話

私たちがふだん「歯の神経」と呼んでいる部分は、神経や血管、リンパ管などがつまった『歯髄』と呼ばれる組織で、
歯に栄養を供給しています。病気で歯髄を取ってしまうと、歯には栄養が行きませんから歯は死んでしまいます。
歯髄は、歯の生命線とも言えます。

むし歯もごく初期のときは、ほとんど自覚症状がありません。
ところが冷たい水がしみる、物を噛み締めたときにズーンと響くように痛む、突然ズキンズキンと激しく痛むなどという症状がでたら、炎症は歯髄にまで広がり『歯髄炎』をおこしています。
何かにぶつかって歯が欠けたり、ケガによって歯髄が切れた場合にも、同じような炎症がおきます。
また、歯周病による感染が歯の根の先から歯髄にまで及ぶことがあります。このようなときにも、
激しい痛みを伴う歯髄炎(逆行性歯髄炎)がおきます。

歯髄炎が疑われるような不快感や痛みがおきたら、できるだけ早く受診しましょう。
炎症が広がる前に病気を発見できれば、あなたの歯の命を救い、お口の健康を守ることができます。

 

定期的なチェックで予防につとめ、大切な歯を守りましょう。