歯磨きの仕方

歯ブラシについて

歯ブラシは少し小さめで奥歯まで磨けるもの、毛束は少なめで毛先が歯の間に入っていけるものを使用して下さい。
毛は合成樹脂で弾力のあるもの、硬さはやわらかめか、ふつうくらいのものをお奨め致します。
歯磨き剤は、臨機応変に使用します。
それよりも、毎日のブラッシングが肝心です。
歯ブラシの交換は、歯ブラシのヘッドを背から見て、毛先が出ていたら取り替えの時期になります。

歯の磨き方

歯とお口の健康を支える基本は、毎日のブラッシング。
正しいブラッシングの方法を身につけていないと、しっかり磨いたつもりでも意外と磨き残しがあるもの。
そして、最も磨き残しが多くなりがちなのが、やはり奥歯。(奥歯の上下とも特にほっぺ側ではなく内側(舌側)が磨きが足りないことが多いようです。)
正しい奥歯磨きを身につけることが、オーラルケアの重要なポイントなのです。

ブラッシング時の一番のポイントは、お口の中にはプラークと呼ばれている細菌の塊がノリで歯や歯茎や歯と歯茎の境目にはりついているのでそれを落としていくという「意識を持つこと」が一番のポイントと考えています。(決してうがいだけでは取り除くことはできません。)
その際にブラシは、歯磨き粉などの使用はしないほうがいいかと思います。(歯磨き粉のミント系の味ですっきりしてしまい磨けたと思いこんでしまうことが多いようです。実際にはプラークは取り除けていないということがほとんどのようです。)
まずは歯ブラシにはお水をつけるだけで、お口の中がすっきりするくらいに磨けるようになることが必要であり大切であるかと思います。
そのうえで、予防の歯磨き粉やうがい薬などを使用して予防に努めることが効果があるかと考えています。

まずは目的意識を持って歯ブラシをしてみていってはどうでしょうか?
必ずお口の中の環境が変わってくるかと思います。

外側の奥歯はとくにみがきにくいので、自分にぴったりあった歯ブラシを使うのがより効果的です。
また、歯ブラシは軽く当ててみがくことです。
強く当てすぎると毛先がひらいて、歯面に直角に当てることができません。
そればかりか歯肉を傷つけてしまうことがあるので注意してください。