反対咬合

反対咬合

反対咬合とは

前歯は、普通は上が外側、下が内側になって噛み合わせるようになっています。
これが反対になっている状態を、反対咬合(はんたいこうごう)といいます。
反対咬合には、下顎の過度な成長や上顎の成長不十分による骨格性のものと、上の歯が後方に傾斜したり下の前歯が前方に突出している歯性のものがあります。

反対咬合の原因

反対咬合の原因は、遺伝的要因(顎の形や大きさ)と機能(噛み合わせや筋肉のバランスなど)が複雑に影響しあっています。そのため、一つの原因に特定することは難しいといえます。
幼児期の指しゃぶりや口呼吸などの習癖、成長期の顎や歯の成長発育における不調和が、顔の形(形態)や機能といった他の要素と組み合わされて、反対咬合の状態を作っていると思われます。
たとえば、奥歯(臼歯部)に歯と顎の大きさの不調和があると、奥歯の高さが高くなり、奥歯を支点にして下顎が前方へ押し出されます。そのため反対咬合になると言われています。
しかし、奥歯に叢生があるからといって、必ずしも反対咬合になるわけではありません。上顎の前方への発育が悪いなど、何らかの遺伝的要因が影響していると考えるべきでしょう。

反対咬合の治療方法

上顎が小さく、上顎の前歯が内側に入っている場合には、奥歯(小臼歯)を抜く必要が無く、前歯を広げる(拡大する)だけで治りますが、 下顎が出ている場合には、下顎の奥歯(小臼歯)を抜くことによって下顎の前歯を内側に引っ込める「矯正」で大部分の症例が治ります。
例外的に、下顎のサイズが「矯正」の範囲を超えて大きい場合には、 外科手術によって下顎のサイズを小さくします。

反対咬合の原因

人間には、歪みを治そうとする力が絶えず働きますが、「日常生活での悪いクセ」が顔を歪ませます。顔を歪ませる日常生活での悪いクセの代表的なものには、次のようなものが挙げられます。

  • 頬杖をつく
  • かた噛みをする(右か左のどちらかばかりで物を食べる)
  • 寝相(右、左どちらかに偏って寝る。うつ伏せを寝をする。など)
  • ストレスによる歯ぎしり
  • 噛みしめ
  • 左右偏った習慣(かばんを同じ手で持つ。同じ足を組む。など)
  • 同じ向きに体をねじるスポーツ(ゴルフ、テニス、野球など)